会えない・・と思うと、ますます会いたくなる。愛する人の死のかたちは様々ですが、きっと『会いたい』の思いは・・同じ、だと思います。

TopPage悲しみと共に生きる◆>はじめに

残された者/はじめに

『東日本大震災で親を失った遺児たち』毎日新聞掲載:2013年1月27日

 「小鳥はいいな、私も小鳥になって、いろいろなところに行きたいな、
                        ママにも会いに行きたいな・・」

この文章を読んで・・

この文章を読んで、「私も、私も、思うよ、会いたいよ」と、思わず声が飛び出した。
愛する人がこの世を去って・・、何年経っても、何十年過ぎても・・、会いたい気持ちは変わらない。

そういう意味では、大切な人への思い(命)は、永遠なのかも知れませんね。
この気持ちは、他人には、なかなか伝わらないですよね。

また、現在、愛する人を失い死別の悲しみと向き合っている人、自分の心と戦っている人、辛くて、悲しくて、空しさを噛みしめている・・あなたへ、 一緒に歩きませんか。

大切な人を失った悲しみを、1人で抱えて1人で苦しむのは、寂しすぎます。
よろしければ、私にも分けて下さいね。

悲しみと共に・・・生きる

久しぶりに「死別の悲しみを癒やすアドバスブック (キャサリン・M・サンダーズ著)」を、改めて読むと 「その通り、そうなのよね」などと本に声をかけていた。(笑)

           (この本は「PTSD心理サポーター」の授業にて使用した本)

本の内容が理解しやすく、皆様にも伝えたいと思い、
私の体験も加えてこのページに綴っていきます。よろしければ一緒に勉強しませんか。

大切な人の死が、
これほどまでに、苦しく・・悲しいのは・・、なぜ、だと思いますか。

私たちがこの世に生まれて、最初に学ぶ事は “恐怖” です。
もしも、恐怖を学ばなければ、自分の命さえ守る事ができないからです。

  例えば『赤ちゃんが泣く』泣くと親が飛んでいく。また『“怖い”助けて』とか、
     『“お腹空いた”何か食べたい』などの恐怖を訴えて、自分の命を守ります、

※ 私たちは恐怖を知っているからこそ、命の大切さも知っているのです。

  そうして、子供は自分を守ってくれる『親』を知り『母親』も知るのです。
  また、いつも側にいる親が、自分を守ってくれる・・・と、学びます。

※ところが「ここで待っていて」とか「独りでお留守番できるね」など、また、保育園や幼稚園、そして小学校へと、子供は生まれてはじめて母親の手を離れます。

         この時、子供の心の中では・・・

   『このまま、会えなかったらどうしよう』などの
   『置き去りにされる不安』『見捨てられる恐怖』を、学んでいるのです。

   このときの学びが・・なんと、なんと、『大切な人の死を悼む』のです、

だからこそ、苦しくて、辛くて、空しくて、悲痛な思いや胸が張り裂けそうな思いに・・
包まれるのです。よって、この苦しみは起こるべきして起こる苦しみなのです・・。

 つまり、この学びこそが『死別の悲しみ』と同じ・・だそうです。(思わず、納得)

ちょっと蛇足かな、

親と離れて子供が大泣きするのは、ごく自然なことなのです。
だから、迎えに行った時には「偉いね~ぇ、ありがとうね」などと、沢山、たくさん褒め
て “むぎゅ~” と抱きしめてね。子供が「ホッ」と可愛らしい笑みをこぼすまで・・。

記憶

ちなみに・・私は、3歳で両親離婚、6歳で継母と実父が自殺、・・その後は、
育ててもらった家族のおばあちゃん、おやじさん、おふくろさんの死を見つめて・・、
約20年前に息子の死もみつめた。笑っちゃいますよ、身も心もボロボロ ッス・・、

それでも、生きています。ダメですか・・・

ある人が言った、
  「親に会いたい気持ちは、死んだ親よりも、生きている親の方だ。
   死んだ親は、あきらめきれるけど、生きていると、あきらめきれない。」

この言葉を聞いた時、思わず叫びたくなったょ。

  「死んだ親だから、会いたいんだよ。
   だって、話がしたいもん、聞きたいことだって、いっぱいあるもん。」と。

生きてさえいてくれたなれば、何時かは・・会える、話が出来る、と、
かすかな希望を持ち時を刻める、この思いが、生きる希望へと・・繋がっているのです。

けれど、もう会えないと思う気持ち・・が、「会いたい」の気持ちを強くする。
仕方ないじゃない、会いたいんだもん・・ねっ。

※ 大切にして欲しい、今の自分の気持ちを、自分の心と向き合い、正直に、ねっ。
私は、ずーと、ずーと、会いたい。今だって会いたい。 あったり前でしょ♪ ねっ。



■ Copyright © 2002-2018 慢性ショック・心の病・心のケア youalive.com all rights reserved ■